ホームイベントレポート

イベントレポート

2018.11.23-25 北海道訓子府交流会が終了しました

11月23日から25日の2泊3日で、北海道訓子府町に住む農業青年と、関東や関西をに住む女性たちの婚活交流ツアーが実施されました。スタッフとして同行しましたので、それをレポートしたいと思います。

当日の羽田空港は3連休の初日ということもあって大混雑。空港はクリスマスのデコレーションがされておりました。当日の東京はとってもいい天気。薄手のダウンジャケットでも汗ばむほどの陽気でした。


今回参加してくださったのは女性5名。皆さん北海道への移住や北海道の農業にとても興味のある方たちばかりです。わずか2時間のフライトで女満別空港に到着しました。女満別空港には男性たちが自家用車でお迎えに来てくれました。早速荷物を積んで訓子府町へ向かいました。


今回の1泊目の宿は旅の宿訓子府さん。昨年も大変お世話になったお宿です。実はオーナーが変わっており、今回は初めてお会いするオーナーご夫婦だったのですが、ウェルカムサービスでクノールのコーンスープをご馳走してくださいました。最高のおもてなしからスタートです。


お部屋に荷物を置いたら、訓子府駅の中にある交流施設ではじめましてトークからスタート。訓子府町農業委員会の中山さんや、結婚相談員の坂本さんにもご挨拶をいただきました。


初日の交流会では自己紹介をしたり、グループトークをしたりとお相手の人柄をよく知るところから始まりました。皆さんとてもたのしそうに会話が進み、一気に和やかなな雰囲気に。


さあ、夕方になって初日のもぐもぐタイムがスタートです。早速地元の焼き肉屋さんにお邪魔をしました。北海道のみなさんは暖かい時期だと、1ヶ月に何回もバーベキューをする位の焼肉好き。本場のとってもおいしそうなお肉や魚介類が出てきました。さっそくみんなで乾杯!夜の部の交流会がスタートです。


私がこの店で初めて見たのは焼肉用に紫芋が出てきたこと。そしてカルビの”たたき”なるものが出てきました。両方ともとてもおいしかったです。そして北海道の焼肉と言えばこちら。皆さんたくさん召し上がるのがこのサガリと言う部分です。さっぱりとしていてしつこくなく、いくらでも食べられてしまいます。


初日の男女の交流会はこれにて終了し一旦解散となりました。女性は地元の温泉へ、男性は初日の反省会と言うことでそれぞれがそれぞれの夜を過ごしました。


2日目の朝は、宿のおいしい朝食からスタートです。当法人代表の板本が、昨日の感想などを女性たちにヒアリングしながら、おいしい朝ごはんをいただきました。

宿では、訓子府オリジナルの牛乳をご馳走になりました。濃厚でまろやかとても甘みがあっておいしい牛乳でした。


午前中はトラクターの試乗体験から始まりました。参加男性のうちのお一人の畑にお邪魔をして代わるがわる男性たちについてもらいながら、トラクターの運転を楽しみました。中にはGPSがついていて自動運転のトラックもありました。読書しながらトラクターに乗れちゃうとのこと。技術の進化にびっくりしました。試乗の最後に全員で集合写真を撮りました。


その後は訓子府町内のいくつかの施設を見学にいきました。訓子府町の自慢の子ども園「わくわく園にお邪魔して、中の様子を見学させてもらいました。地元出身の有名な建築家がデザインしたと言う、このこども園はドーナツ型の作りになっており360度廊下が丸くつながっています。断熱効果も非常に優れており外はとても寒いにもかかわらず中では子供たちが元気に裸足で走り回っておりました。こんな子ども園に子どもを通わせてみたいという女性の参加者からの声も聞こえてきました。


その後は訓子府町にあるクノールの工場にお邪魔をして、お話しを聞きました。訓子府町には、クノールと契約をしてとうもろこしを作っている農家さんもあります。厳選された特別に甘いとうもろこしを作っているということでした。人口5000人の小さな町ですが、こんなに立派に産業が栄えていると言うことに非常に感動しました。最後はこれまたクノールのコーンクリームスープをご馳走になりました。その他にもクノールさんから様々なプレゼントを頂戴しました。ありがとうございました。


ランチタイムは地元の食堂で訓子府町に暮らす若妻さん達との女子会を楽しみました。皆さんこの町や農業をとてもポジティブに捉えており、前向きにここでの生活を楽しまれているのが印象的でした。

その他訓子府町自慢の玉ねぎの選果場にお邪魔してその様子を見学しました。オートメンション化が進んでいることや、そのスケールの大きさに皆さん本当にびっくりしておりました。工場見学の最後には訓子府町の結婚相談員の皆さんから参加してくれた女子たちにサプライズのプレゼントタイムがありました。こういった方たちの支えがあってこの事業が成立しているのだと本当にありがたく感じました。

このプレゼントに便乗したわけではありませんが、ここぞとばかりに地元のおいしいお菓子を配り始める男性もいたりして、それぞれがそれぞれに自分のことをしっかりとアピールされておりました。素晴らしい!!


2日目の午後からは今回のイベントのメインとも言えるカーリング体験に向かいました。訓子府朝から車で15分のところにある、北見市のカーリングホールです。ここで指導員の方についていただきながら全員でカーリングを楽しみました。カーリングは全員初体験。ツルツル滑る氷の感触に歓声を上げながら、皆さんとてもカーリングを楽しむことができました。なんとか試合形式の体験までたどり着くことができました。

参加者の中には、転んで青アザを作ったり、後日筋肉痛に苦しむ方もあったようです(笑)。

しかし、予想以上に体力使うスポーツであることがわかりました。体験してみて分かることがあります。なんでも本物を知ると言う事はとても大事なことですね。


2日目の宿泊先は北見市のビジネスホテルに泊まることになりました。ホテルの近くにはもぐもぐタイムで有名になった赤いサイロを販売する清月さんと言うお店がありました。毎日朝1番に並ぶ方でほとんどが売り切れてしまうという赤いサイロろですが、この日伺ったのは夕方で、残念ながら赤いサイロは売り切れ。それでも地元のおいしいお菓子をたくさん購入してお土産ができました。夜の懇親会は北見のビアファクトリーで地ビールを飲みながら、これまたおいしい北海道のお料理を沢山いただきました。ほとんど全員が2次会にも出かけ、とても楽しい2日目の夜となりました。

3日目最終日の朝は、北見駅前からスタートです。前日の夜に翌日何をしたいか皆さんで相談をしてもらいました。その結果カーリングをもう一度やりたいと言う班と、近隣観光に出かけたいという班の2つに分かれました。私は近隣観光に出かける班に同行をさせていただきました。早速向かったのはサロマ湖。サロマ湖の道の駅が開くのと同時に入店をして、朝食を食べたばかりだと言うのに、さっそくもぐもぐタイム(笑)。みんなで蒸し牡蠣をいただきました。サロマ湖は牡蠣の養殖で有名なんですね。サロマ湖を臨む展望台に登って記念写真をパチリ。

昼食会場となる網走に向かう道すがら、オホーツク流氷館にもお邪魔しました。ここは数年前にリニューアルして、とてもきれいな建物に変わっておりました。クリオネの水槽があったり、実際の流氷に触ったりすることもできます。マイナス15度の部屋では、湿ったタオルをくるくる回して凍らせるような体験もあり、皆さんとても楽しく過ごすことができました。


ランチは網走市内のおいしいお寿司屋さんでお寿司を頂戴しました。さすが北海道!!絶品の寿司ネタが並ぶ美味しいお寿司でした。なかなか東京では食べることができない贅沢なランチとなりました。


イベントの最後に女満別空港に戻って閉会式とカップリングを行いました。なんと3日目の午前中の間に農業委員会中山さんが行列に並んでくださり、参加女性に赤いサイロを差し入れしてくれました。なかなか手に入らないお菓子に女性たちも大喜びでした。私もいただきましたが、とてもしっとりとして美味しいチーズケーキでした。


イベントの最後には、連絡先の交換をしたい方のお名前を頂戴して事務局でカップリングを行いました。結果2組のカップルが誕生しました!!おめでとうございます。これからこの2組は海を隔てた交流が始まります。距離はありますが、お互いが歩み寄ることによって結婚やつながるような恋愛に発展することも充分あり得ると思っています。


今回2回目を迎えた訓子府町の婚活交流も、地元の方たちのすばらしいおもてなしに支えられて大成功に終わることができました。この事業がまた開催され、少しでも結婚につながるようなご縁を作っていければと思っています。


参加下さった皆様、そして関係者各位大変お疲れ様でした。

申込みありがとうございました

2018年11月開催予定の訓子府婚活交流ですが締切を迎え、5人の参加者が決定致しました。多数のお申し込みありがとうございました。

2018.11 オホーツクの街「訓子府町」で婚活しませんか?

オホーツクの街 訓子府町で婚活
【カーリング体験と北国を味わうもぐもぐタイム】

日程:平成30年11月23日(金・祝)~25日 2泊3日

参加費:
①北海道外女性25,000円
②北海道内女性10,000円※
・羽田空港-女満別空港-訓子府町までの往復飛行機&送迎代(①の方のみ)
・2泊宿泊代と5食
・カーリング体験代
・保険料
※北海道内の女性の訓子府町までの交通費は自己負担となります

参加資格:農業に興味がある独身で40歳までの女性

募集人数:5名

申込締め切り:平成30年9月28日(金)※
※応募多数の場合は、抽選させていただくこともあります

■行程■

1日目 11/23(金・祝)
10:00羽田空港集合
12:30JALで女満別空港へ
14:10女満別空港着
16:00自己紹介トーク
18:30もぐもぐタイム①焼き肉で訓子府の男性と交流会

2日目 11/24(土)
午前:こども園見学・クノール食品工場見学
昼食:もぐもぐタイム②地元のお嫁さんと女子会
午後:訓子府町内見学・トラクター試乗・カーリング体験
夜:もぐもぐタイム③美味しい料理とお酒でロマンチック交流会

3日目 11/25(日)
午前:網走観光
昼飯:もぐもぐタイム④北海道の新鮮お寿司
14:50JALで羽田空港へ・解散

天候等事情により行程が変更になる場合があります。

申し込み:NPO法人全国地結婚支援センター
申し込みフォームはこちらをクリック

主催:北海道訓子府町農業担い手対策推進協議会
北海道常呂郡訓子府町398番地

チラシのダウンロードはこちらから
オモテ
ウラ

募集チラシ(下部からダウンロード可)

名物のたれカツ丼を堪能!

ウッドデザイン賞2017受賞の認定こども園は一見の価値あり!

北海道の美味しいお寿司も楽しみです(写真はイメージです)

お問い合わせ